じゅうたんのカビを見つけたら

ご家庭でもいろいろな場所にカビが発生すると思います。見た目も気持ち悪いですし、胞子が浮遊するため体にも害があります。特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭などでは、気をつけておかなければ喘息などを引き起こすかもしれません。この嫌われ者が、どのように発生するかご存知ですが。カビが発生するには、湿気、汚れ、気温の三つの条件が揃うことが必要です。湿気はお部屋の湿度が70%以上となると発生の危険が高まります。汚れと言うのは、埃やアカなどいろいろなものが挙げられます。このような汚れはどのご家庭にもあるものなので、こまめに掃除することで量を減らすしかないかもしれません。もう一つの気温ですが、カビの発生に最適なのは25度から30度ぐらいと言われています。こうしてみるとやはり梅雨の時期にカビがたくさん発生するのには訳があるのだなと思います。

しかし、梅雨以外の時期でも意外な時期に大量発生することがあります。それは冬の時期です。冬は暖房により室温が最適な温度に保たれます、また、加湿器などにより湿度も上がっていると思います。そのような状況で発生するカビは、じゅうたんに発生することが多いです。じゅうたんはそれ自体に多くのハウスダストを溜め込んでいますので、湿度と気温の条件が加わり大量発生につながります。畳などの上に敷かれたじゅうたんをはいでみると、畳が真っ黒になっていたというような事例もあります。特に湿気が多くなる窓際に敷かれたじゅうたんは要注意です。一度、発生してしまうと、そのままにしておいてもなくなったりはしないのでどうにかしなければいけません。じゅうたんに発生したカビを落とす方法としては、ペーパータオルなどに市販のカビ取り剤をしみこませて、じゅうたんをふき取るようにしてとっていきます。しつこいものには、ペーパータオルをしばらくかぶせておいてからふき取るという方法が良いです。この時は必ず換気をしながら作業を行うと言うことが大事です。また、処理後にニオイが気になる場合は消毒用アルコールでふき取ると良いです。これをしても取れない頑固なものもあるので、やはり発生させないことが大切だと思います。

日ごろから部屋の換気を心がけ、こまめな掃除をすることと、じゅうたんなどはよく日光に当てることで発生を防ぐことができます。エアコンなどを利用されている方は、エアコン内の掃除も忘れずにすることで胞子の浮遊を減らすことができ効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*